表情じわを改善できるからこそ意思表示は明確にしよう

いろんな作用があります

注射器

どんな効果があるのかを知ることも大切

ボトックスはA型ボツリヌス毒素から抽出されていて、毒性のない製剤としています。筋肉を弛緩させる働きを持っていることを活用し、目尻や眉間など表情のクセからできるようなシワの改善や、エラの張りやふくらはぎ、二の腕と言ったような部位の痩身にも使われています。副作用として考えられるのは、有効成分の作用上眉や瞼が下がってしまうことが以前は良くありました。他にも表情が出にくくなったり、口元周りのシワの改善のために利用したはずなのに緩んだような状態になってしまって、飲み物が垂れやすくなったり食事がしにくいと言うようなことが出てくる場合もあります。知識と経験、そして症例実績が豊富にあって信頼できるクリニックを選ぶことと、施術後のアフターケアに関しても万全で相談しやすいかどうかも考慮した上で利用をするようにしましょう。ボトックスは手術よりも簡単に気になる部位の改善ができ、副作用もだいぶ少なくなってきていますが、自分できちんと判断してから行うことでトラブルも減ります。

ボトックスは筋肉を緩める効果があるので、主に顔周辺のパーツの表情ジワなどで気になる部分を改善するのに利用されています。誰もが注目するパーツですから、副作用も気になるのは当然です。ボトックスを注射した部分に少し赤みやかゆみが出たりすることもありますが、通常は数日もすれば落ち着いてきます。頭痛なども起こる可能性もあるものの、こちらも安静にしていればそれほど長くは続きません。筋肉にアプローチをすることで表情などに副作用が出てくることもありますが、経過観察をクリニック側でも行っていますので、大体は施術をしてから1〜2週間後に再度どのように結果が出ているのかをチェックされるので、気になることがあれば相談しておくと安心です。自分では気付いていなくても、医師に診察をしてもらうことで変化が出ていると分かる場合もあります。気になるときには我慢をするのではなく、きちんと伝えれば対処の仕方も教えてもらえますので、安心してボトックス治療を利用してアンチエイジングに役立てましょう。