表情じわを改善できるからこそ意思表示は明確にしよう

事前準備方法

看護師

デメリットを調べておこう

ボトックスを受けると様々な効果を期待できるので、とても便利です。よって、多くの人がこの施術を受けています。また、いろいろな目的で受ける人が多くなっています。例えば、小顔効果を得たいという人にも適しており、女性に人気の施術の一つです。他には若返り効果を実感できるということで中高年女性にも支持を得ています。そんなボトックスですが、施術を受けるからには事前に情報を収集しておくことも大切です。どんな施術にしても副作用が生じることがあるからです。ボトックスにはどんな副作用があるのか調べておきましょう。よく言われている症状としては患部が腫れてしまったり、痛みが残ったりといったことです。しかし、これらの症状はだんだん収まってきます。施術後数日間程度なので様子を見ましょう。もちろん気になる人はすぐにクリニックで診てもらうことをおすすめします。通常、ダウン期間といって一週間程度もすれば良くなってくるものです。特に気をつけたいのは顔に施術をする場合です。見た目が気になることもあるでしょう。

ボトックス施術を受けるにあたって気をつけたいのは副作用です。あまり副作用は起こらない施術として人気ですが、人によっては生じることがあります。例えば、注入した箇所が腫れ上がってしまうこともあるのです。二の腕や脚など、衣服で隠れる部位なら見た目も気になりませんが、顔に施術をする場合には困ります。腫れ上がった顔のままで学校や会社に行くことはできません。その点も考えて、施術後は数日間、様子を見られるような状態にしておくと安心です。また、痛みが生じることもあります。痛みに弱い人はボトックス注入した時点で痛いと感じてしまうかもしれません。これは一般的な注射をする時と同様のチクッとした痛みになります。しかし、注入後もそのチクッとした痛みが持続してしまうこともあるのです。多くの人は我慢できる程度の痛みですが、人によって程度は異なります。あまりにも長期間続くようなら主治医に相談した方がいいかもしれません。他によく挙げられる副作用としては頭痛や吐き気といったこともあります。