表情じわを改善できるからこそ意思表示は明確にしよう

気をつけておけば一層安心

女性

過剰作用と痛みは回避する方法がある

安全性に優れることもボトックス注射の特徴なので、この美容整形治療では甚大な副作用がないとされています。それでもゼロという訳ではありませんから、治療を受ける時は副作用にも気をつけておかねばなりません。その1つには過剰作用もあり、これはボトックスの効き目が予定以上に出てしまい、副作用となるケースです。ただしこれは薬に原因があるというより、治療を担当したドクターの見立て違いによって発生する場合が少なくありません。具体的には、その患者の筋肉量などに対し、注入するボトックスが多過ぎた時に起こりやすくなるのです。このため治療経験が豊かな熟練医に施注してもらえば、回避できる副作用として知られています。そこで、ボトックス注射を受ける際はこの点に気をつけ、費用などで治療先を選ばず、医師の経験や腕前を重視しましょう。そして注射を受けた後は、注入部位を不用意に押さないようお気をつけください。力を加えると治療部位からボトックスがほかの場所へ移動してしまい、何らかの副作用となって現れるかもしれません。

人には痛覚があるため、注射針を刺すボトックス治療では、必然的に痛みの副作用が伴います。さりとてボトックス注射はかなり細い針を使うことから、採血などより痛みは少ないのが一般的です。細い針を使うのは患者の痛みを少しでも抑えようという配慮からですが、中には別料金で標準プランより細い針へチェンジできる美容整形クリニックがあります。なのでそのオプションサービスが利用できる場合、極細針への交換を検討してみると良いでしょう。針が細ければ肌に刺入する際の痛みはそれだけ減るため、複数か所へ分散注射する治療にもピッタリです。また、針が細ければ肌の中の毛細血管を傷つけるリスクも下がりますから、内出血の副作用の軽減にも役立つのです。さらに、オプションサービスでは笑気ガスなども用意されているので、痛みが気なる場合は医師と事前に相談して、必要に応じて麻酔を施してもらいましょう。痛みへの対策では氷などを使ったアイシングも効果的であり、この減痛サービスは基本料金に含まれている場合が多くなっています。